大人のhセフレがほしい嫉妬男のセックス経験談

大人のhは大好きな女性との無理やりセックス経験談,セフレがほしいと思っていたので上手くいったのです。

 

同じ会社の同期の美人社員、ずっと憧れていた、しかし彼女はきっと俺のことが嫌いなのだろう。何度も告白したが一切の返事もなく俺の存在さえ無視され続けていた。

 

そんなある日、あこがれの彼女に彼氏ができたらしいと噂で聞いた。

 

新人のイケメンで女子社員の憧れのカッコイイ奴だ。

 

このイケメン男と毎夜セックスしていると妄想しただけで、怒りと嫉妬に狂った俺はついに彼女をレイプすることにした。

 

相手の取られる位ならとどうなってもいいやという思いだった。

 

仕事の都合上二人っきりになれるチャンスがある。書類が多いので手伝うように残業になると言って車に乗せて、コンビニで買ったコーヒーを薦めた。

 

私が薬を入れた軽い睡眠導入剤で市販で購入できるものだから軽くて安心な薬だから大丈夫だ。

 

ぼんやりした彼女強引に俺の自室に連れ込み下着姿で縛りました。

 

思った通り彼女はキレイだ。

 

すばらしい美しい身体に目がくらむようだ。白い陶器のような透明に白く抜けるようにきれいな透明感のある白い肌が眩しい。

 

目が覚めた時、彼女は自分の姿にびっくりしたようだ。「何をしてるんですか。訴えますよ。大きい声で叫びました。僕は「今から、たっぷりあなたを楽しむ」と言った。

 

彼女の気持ちは陥れた。彼女を口を縛りブラジャーを取り見事の乳房で、乳首もピンクでとても綺麗だ。私は彼女の生おっぱいを手でつかんだり揉み解したり口に含んだりと楽しみました。

 

足をエム開脚させて縛りました。興奮した表情を覗き込みながら、きれいなサーモンピンクのグロテスクな赤貝だが夢中でキスをしました。クリも充分いじくり遊びを思い切りしました。

 

私は特大の物を見せつけるようにして、そして無理矢理口の中に入れました。

 

そして、濡れてもない蜜壺にかまわずどんどん挿入しました。なかなか固くて締まりが良いのか入って行きません。ついに憧れの彼女の中に無理やり入れてやった。

 

 

これで他の男のものでは感じなくなるはずだ。

 

これからは夜のなると一人では満足できなくなるはずた。上から下ろすようになるんだ。そして、次の日呼び出してビデオ取ったと言った。

 

昨日の事、ばれたらどうなるか、バレたくなかったら俺の言うことを聞け。聞かないともちろんそのビデオ映像など撮っていませんし、持っていません。

 

そして彼女は私に呼び出しの時いつでも私の専用のセフレでおもちゃになるセックスマシンです。思いっきりして欲しいかどうか尋ねた。

 

何も言わないのならやめてやると完全に俺の支配下にある。これから呼び出していつでも裸で出てくる彼女をセフレとして楽しみながら言葉攻めをして楽しんでいる。
大人のh,セックス 経験談,セフレがほしい

 

通常500円分のポイントが付きますがここから登録すると1000円分の無料ポイントが付きます。

 

ここから
大人のh,セックス 経験談,セフレがほしいTOPへ不倫がしたい女|既婚者女性の不倫は淫乱人妻エロスの魅力>>