ぽっちゃり可愛い女の子が浮気相手と決めている

ぽっちゃり女の子が好きだ。可愛い女の子なら文句なし浮気相手は決めている。ここは45歳の俺はブレずにもちもちぷくぷくした感触。若い可愛い女の子絞って探した。

 

ちょつと田舎臭い女の子に出会った。いいなあ〜〜お気に入りに登録だ。何度も誘ってやっと食事だけの約束で会うことになった。もちろん、牙は隠して嘘もお世辞も何でもあり夢中になり甘い言葉でホテルまで連れ込むことができたのだ。

 

一瞬ハッとして目を奪われた。「きれいだ」ぽっちゃり女の子のふくよかな乳房、ピンクの薄い乳首。思わず口に含むと彼女はすぐに甘い声を漏らし始めた。自分の声が恥ずかしいのが声を押し殺そうとする。

 

舌で突起物を転がすとヒクヒクと身を震わせ押し殺した声を洩らす。僕はもっと彼女のみだらな声が聞きたくて、あらゆる部分に舌を這わせた。

 

「わきの下は駄目よ。汚ないわ」
「あなたの体に汚ないところはないよ」

 

手足をからませて唇を割って舌を差し入れた。甘い唾液をからませ髪をなでながら彼女を強く抱きしめる。恋人同士の応用というよりも父親が娘を抱くような、可愛い人を愛おしく、やさしい抱擁だった。

 

「あっ・・」彼女の下腹部、足の付け根に手を這わせると小さな声が漏れた。さわさわ草原のような可愛い茂みの奥に指を差し込むと、すでにしっとりと湿っていた。

 

首筋から指を深く潜らせるとヌルヌル指先がと柔らかな穴に吸いこまれていく。
「ひ・・ふぃい」軽く指でかき回しただけで、奥からどっと溢れてくるものがあった。

 

彼女は感度がよく僕は隠された部分を、どうしても見たくなり足を開かさせると顔を近づけました。甘い体臭と青臭い、良い香りの中心に目を近づけると彼女は抵抗してきた。腰をくねらせ逃げるような姿勢になった。僕は、かまわずにその部分に顔をうずめた。そして思いっきり舌を伸ばした。

 

「はあ・・ううっ」ピチャピッチャ・・・

 

僕が舌で攻めたてる。愛液の塩気のある甘い味が口の中に広がり彼女自身の味だと感じ、匂いに夢中になっていた。クリトリスや大陰唇の周辺を可愛くていとおしく舐め回した。

 

「駄目 駄目よ・・・好きじゃないの」
「ああ〜〜いや〜舌が奥まで入っていく」

 

最初は身をよじって逃げようとしていた彼女がそのうちに自分から股を開いて僕の舌に身をゆだねてきます。
攻めれば攻めるほどにかわいい彼女の感度は上がっていき、ねっとりとからめ取るようにな女の肉体に僕は何度も圧倒されそうになった。

 

新鮮な下半身の熟れた女の挑戦に挑みかかっていく。

 

「ひい・・はあ・・もうダメヨ」

 

彼女の声が次第にせわしくなり、確実に絶頂に向かっていると思われる。僕の下半身は痛いほど勃起し、爆発寸前でした。「君の中に入りたい。君とつながりたい。痛いことはしないから、いいだろう」彼女の声もなくうなずいた。僕は愛液でべとべとになった口の周りを手でぬぐい取り、彼女の上になり正常位でゆっくり繋がる体制になった。

 

【靖男 45歳 埼玉県 会社員】

 

ぽっちゃり 女の子,可愛い 女の子,浮気相手

 

500円分のポイントが付きますがここから登録すると1000円分の無料ポイントが付きます。
まずは無料登録してみませんか。

 

ここから
ぽっちゃり 女の子,可愛い 女の子,浮気相手TOPへ不倫がしたい女|既婚者女性の不倫は淫乱人妻エロスの魅力>>